1. ホーム>
  2. あんこう鍋発祥の地!!北茨城のあんこう特集>
  3. まずはここから!あんこう鍋とは?

あんこう鍋発祥の地!!北茨城のあんこう特集

まずはここから!あんこう鍋とは?

『あんこう鍋動画』の画像

あんこう鍋の動画はコチラ

『あんこう 水揚げ』の画像 

北茨城に水揚げされるあんこうは、常磐沖の漁場で獲れるもので、「きあんこう」と呼ばれる種類のものです。普通のあんこうの体色が黒褐色であるのに対し、きあんこうはその名の通り黄色みがかかった黄褐色です。また、あんこうには口の中に白い斑点があるのが特徴ですが、きあんこうにはありません。食用としては肝の脂が上質であることから、きあんこうの方がより美味であるとされています。
代表的な料理は『鍋』で、10月から市内の店舗で提供する店が増え、11月から3月が“旬”と言われます。

あんこうの七つ道具【骨以外は食べれます!】

『七つ道具(観光いばらき提供)』の画像

骨以外は捨てるところがないと言われるあんこう。各部位は「七つ道具」と呼ばれ、それぞれの風味や食感などを活かした料理に使用されます。

あんこうどぶ汁【濃厚!!好きにオススメ】

どぶ汁は北茨城の郷土料理です。元々は平潟の漁師が、当時売り物としてはそれほど価値のなかったあんこうを、船の上で暖を取るために食べ始めたと言われています。
あんこうの肝を鍋に直接炒りつけ、味噌を加え、あんこうと野菜から出る水のみで煮込むという、野趣溢れる濃厚な風味が特徴です。水を使用しないためあんこうの味が凝縮された濃厚な一品です。

『どぶ汁』の画像

あんこう鍋【まずはスタンダードという方にオススメ】

どぶ汁の料理方法がベースになっているため、北茨城市のあんこう鍋は味噌仕立てです。どぶ汁同様のあん肝が溶け込んだ濃厚なスープ、あんこうの七つ道具、そして季節の野菜や豆腐、しらたきなどもふんだんに入った鍋で、各地の鍋グランプリで金賞を受賞するなど、全国に認められている一品です。他の地方では塩や醤油ベースのあんこう鍋もあります。
あんこう鍋の動画はコチラ

『あんこう鍋』の画像

あん肝【日本酒との最強タッグがオススメ】

あんこうの部位で最も珍重されているのが肝です。
肝は淡白な身の部分とは異なり、濃厚な味わい。よく肥えて脂の乗った肝はフォアグラと比較されるほど。
蒸した肝を、さっぱりとしたポン酢でお召し上がりいただくのがオススメです。

『あん肝』の画像

共酢和え(ともずあえ)

共酢和えは、あっさりとした身を茹でたものや、コラーゲンたっぷりの皮や胃などを煮凝り状にしたものを、共酢(あんこうの肝を合わせた酢味噌。肝のことを「とも」ともいうことが由来)につけて食べる料理です。あんこうの各部位の異なる食感をお楽しみ下さい。

『共酢和え(ともずあえ)』の画像

『その他食べるはコチラ』の画像

 ==トップページに戻る==

印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2021年4月28日
  • 【公開日】2015年6月26日
スマートフォン用ページで見る