1. ホーム>
  2. あんこう関連>
  3. あんこう七つ道具

あんこう関連

あんこう七つ道具

あんこうは身・肝・胃・皮・卵巣・えら・ひれが食用部位となっており、それらは俗に「七つ道具」と呼ばれ、背~顎骨と眼球を除き、余すところなく消費されます。あんこうは超低エネルギーの食材で、魚介類の中でも非常にカロリーの低い種類です。身はやわらかく淡白で、刺身や唐揚などにすると上品な味わい。胃や卵巣、ひれ、皮、えらなどは弾力性に富んだ食感が特徴で、鍋などにすると噛むほどに味が出ます。一方、肝は栄養の宝庫です。その脂肪はDHAなどの多価不飽和脂肪酸を多く含み、血中の中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるので、脂肪が多いといっても、肥満抑制や動脈硬化・脳血管病などの予防に効果的です。また、その他にも脂溶性ビタミンが多く含まれ、骨を丈夫にするビタミンD、抗酸化作用で老化を抑制するビタミンE、桁違いに多く含まれているのが、眼精疲労を回復し、抵抗力を高めるビタミンA。そして、鉄・亜鉛・銅などのミネラルも多く含んでいます。
低カロリーの身や他の部位を、たくさんの野菜と一緒に肝を溶かした出汁で煮て食べるというあんこう鍋は、まさに理想の健康食であるといえます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは北茨城市観光協会です。

〒319-1592 茨城県北茨城市磯原町磯原1630番地

電話番号:0293-43-1111 ファックス番号:0293-43-3030

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

北茨城市観光協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2015年7月8日
  • 【公開日】2015年7月8日
スマートフォン用ページで見る